早退しかないし寒いしまったく

_| ̄|○

開演時間を勘違いしていた~!

今気付いた、あぶなかった…、

すみません…こんな甘っちょろい理由ですが、本日17時にはお店を出なくては。

よく確認せずに チケット取ってしまった私を許してください~決して仕事をなめているわけではなかったよ~。

まだ2時間ありますが、先に言っとく、明日からも またよろしくお願いいたします。

ちょっと長いこと書いた金曜日

おはようございます。 お天気ですね!

今日は夜、お芝居を観に行くので、気持ち(気持ちです)フライング気味で閉店します。

今日もラタトゥイユのプレートあります。思ったけど…もしトースト多めがよかったら言ってください(テキトー)。

日曜は森茉莉です。当日いきなり参加でも大丈夫です。

さて・・・今からちょっとした個人的な気持ちを書いてみます。

私は若いころから観劇が好きでして、お店を通しても舞台をやっている若い子たちと知り合いになることが増えました、ありがとう。なかなかみんなの舞台を全部は観に行くことがかないませんが、たまに行けると若い子たちが頑張っているのを見て元気をもらえます。

先日、大好きな役者さんのひとりである篠井英介氏が、品性、の話をされていました。

私も、品性というか、マナーというか・・・自由業こそ、基本的な人としての考え方が大事なのかなあと思うことがあります。

ここからこうるさいおばさんの本題です。

昨日、店内上がってくるなり芝居のチラシを置かせてほしいとやってきた子たちがいました。もちろん、それは、OKだよと、言いました。ただその子たちは、お店の名前も何屋かもわかっていませんでした。

こういう時いつも思いますが。そんな人たちにとってのお店って何?道ばたの電柱に張り紙してる感覚?だったら道ばたでチラシ配ればよくない?

それでもOK,というお店もあるでしょう。もちろん私もいくらでも置いてあげます。昨日もチラシは預かりちゃんと壁にも貼りました。 でもそれって、結果お芝居の子たちにとってプラスの作業なのでしょうか?? うちのチラシでお芝居を知り、観に行くお客さんがいるかもしれないから、マイナスではない、かもしれませんけど、もし同じような態度でお店を廻っているとしたら、知らず知らずファンを逃しているのでは?ないかしら?

委託販売も同じですが、お客様が興味を持たれているなと思ったとき、作品の良さや本の面白さ、作家さんや、本を選んだ人たちのこともご紹介して、オススメをすることができます。チラシやポスターのことも聞かれることがあります。置いている人たちのことをご紹介して、オススメをすることができます。 お芝居ならなおさら、いい子たちなんですよ~、観に行ってくださいね~、とでも言えたら私も気分がいい。 でも、お店のことを下調べもせず、ぶしつけな子たちのことを、私はお客様になんと言えばいいのでしょうか。悪口はもちろん言いません、でも、何か聞かれても、さあ・・・ただ置いていっただけなので・・・としか言えないですよね・・・。

時間やいろんな事情で、廻るお店全てにお金は落とせない(オーダーできない)かもしれません、し、知り合いからなら、私はいきなり郵送でチラシが送られてきたって嫌とは思わないです、ちゃんと宣伝します。

ただ初めましてならもう少し、自分たちのことをわかってもらって、置かせてもらうお店のこともちゃんとわかって(置いてもらうからいいお店、ということではなくてですね)というパフォーマンスするほうが、結果、今後「また置きに来ました、お願いします」「頑張ってるね」となるだろうし、自然とお芝居のお客様にもつながるのではないかしら?と思うわけです。違うかなあ。

昨日来た子たちは、そう遠くない将来有名になりテレビや舞台で活躍する子たちなのかもしれません。だとしたらなおさら、無名時代の行儀の良さは大事かなと思います。し、観劇マニアとしてはそうであってほしいです。

長々書いてしまいました。 お店にマイナスでないなら黙って置けば良いんだよと言われるんかな。確かにこうるさいおばさんですね。でも私は私の周りにいるお芝居をしたり声優を目指したり作家を目指したり、夢に向かって頑張ってる子たちのことは我が子同然(は言い過ぎでした、可愛い我が子の次に)大好きで応援しているのでこんな小言にびくびくせずに仲良くしてもらえたら嬉しいです。

気持ちよい木曜。日曜は森茉莉。

おはようございます。今週もよろしくお願いします。今日も18時まで。

今週は根菜のラタトゥイユのプレートを用意しました。ガーリックトーストとサラダ付。

それから日曜は読書会。テーマは森茉莉。読んだ本についてゆるくおしゃべりします。お店にも何冊かあります。ただ聞いてみたいだけの方も参加できます。参加費は500円です。

街路樹が少し色づき始めました。今日は少しひんやりしているけれど、晴れて気持ちが良いです。お散歩にお立ち寄りください。

少し遅れて開店します

おはようございます。
文化の日でした。

そう、文化の日でした~( ;∀;)

昨日帰り道から急に腿の後ろ側に痛みがあって、原因わからないけど多分ただの加齢だろうとは思いつつ、今朝も痛いので、大事になる前に前にぎっくり腰でお世話になった中村橋のお店の近くにある病院へ行こう…と思いながらしたくしてて、今日が祝日で休診なことに気付きました。

というわけで、気を取り直して今から高円寺に向かいます、が、ちょっと開店遅れます・・・すみません。夜は中村橋時代からのお客様との女子会もあるのでなんとかこの痛いのが治りますように!

書く人、募集は締め切りました。お申込みありがとうございました。連投は安定でありがたいですし、ご新規の方も大変うれしいことです。みんなでがんばって書きましょう~。しかしこのままでは読む人が足りません。ぜひ!

怖い本も日曜まで籠の中にあります。

11月の予定

今日も18時まで開いてます。

11月の予定

木曜~日曜 9時から18時 月・火・水はお休みです

8日 19時~ kuutamoai 

18日 10時~ 読書会 課題「森 茉莉」※森茉莉の本ならなんでもOK、参加費500円(お茶付)

☆☆

書く人読む人の募集ですが、応募いただいた方のメールは確認しておりますが、皆様に返事を出しておりません。少々お待ちください。週末頃にはメールします。

書く人あと少しで締め切りにしようかと。読む人はまだ募集します。どちらも迷っているかたはぜひ。

☆☆

書く人読む人そして聴く人の各号冊子販売しています。
そして、3と4の表紙を描いてくれている浦上透子さんのポストカード(3の中表紙と同じ柄)も販売中。お薦めです。ぜひ。

 

書く人読む人そして聴く人 お礼と募集

遅くなってしまいましたが、先週の土曜日の「書く人読む人そして聴く人4」は無事に終了いたしました。

参加してくださった皆様ありがとうございました。

場所をお貸しくださった宋雲院さん、ありがとうございました。

当日の雨予報も外れてお天気も良く、和やかで楽しい会になったのではないかと思います。

個人的には、準備途中には悩ましいことも多い回でしたが、朗読会当日は、広い広間の後ろで、じっくりと作品を聴くことができたせいか、今までで一番、書く人×読む人の妙を楽しむことができた気がします。

キュンとする高校生の会話を読んでいます

書く人×読む人

メイドカフェでの会話を読んでいます

聴く人みんなで詩を1行ずつ読みました

 

次回は少し先ですが来年の3月2日、kuutamo で開催予定です。

書いたものを読まれてみたい、という方、
朗読に挑戦してみたいという方、ただいま5回目の参加者を募集中です。

詳細はこちらからご確認ください⇒ kakuyomukiku vol5

《送信フォーム》


本日三周年。めでたいです、ありがたいです。

おはようございます。 本日でkuutamo は丸っと3年。 春に移転とぎっくり腰で3カ月も休んでしまってるので丸っとと言っていいか微妙ですが、3周年迎えました。 毎度同じ言葉しか言えませんが、お客様と、これまで関わってくれたスタッフと、友だちと、お仕事仲間の皆さんありがとうございます。そして家族。支えてくれてほんとうにありがとう。みんなのことが大好きで感謝しかないです。 これからも自分らしくkuutamo らしく、明るく楽しくがんばります、これからもこれまで以上に見守っていただきたいです。よろしくお願いいたします。 そんな記念の日(たまたま)、「書く人読む人そして聴く人4」開催です。 キャンセルが相次いで、一瞬うろたえましたが、大丈夫です。聴いてやろうという人がひとりでもいる限り、私は楽しい会にしよう!と今はがぜん張り切っていますし楽しみでしかありません(しかし万一本当に聴く人がひとりだと読む人は相当悲しいと思いますので、これ以上キャンセルはしないでもらいたいです)。 今日、いきなりでもかまいません、もし、行ってやろうという方がいれば、ぜひふらりとご参加ください。いきなりのご来場でも大丈夫なように冊子余分に用意しておきます。お待ちしております。 今日来れないけど、冊子読んでみようという方、明日からお店でも販売いたします(500円)。遠方の方やご都合つかない方は郵送も承ります。以下フォームからお申込みください。 また、5回目の朗読会は来年の3月2日開催(高円寺kuutamo )を予定しております、募集開始は来週の月曜29日からです。書いてみよう読んでみよう、絵や写真で表現してみよう、という方、ぜひお申込みください。お店を知らない方ももちろんOKですし、参加常連の方もどなたも歓迎いたします、お待ちしております。また当日の仕切りや編集など、裏方を何かしらやれそう、というお手伝いも募集します。 詳細はこちらからご確認ください⇒ kakuyomukiku vol5 こちらもメールまたは、以下のフォームを使ってもお申込みできます。 昨日「刺繍と詩集」搬入終わりました。明日の占いのために店内レイアウト一部変更してお届けします。本日お昼まで営業します、高円寺フェスのスタンプ、午後からは外のポストに置いておきます。 それでは、本日もよろしくお願いします(何度も言いますが、本日高円寺は12時まで。午後からはぜひ上野に会いに来てください、泣いてハグして喜びます)
《送信フォーム》


今日は座の市。明日は読書会。

おはようございます。
今日は11時~お隣の劇場座・高円寺さんの座の市に参加します。
チャイと自家製シロップ、コーヒー、紅茶です。

お店にはASAHAさんがお留守番してくれていますので、本や雑貨、ご覧いただけます。

座の市でお飲み物買っていただきましたら、50と書いた栞を進呈、50円券として本を買うのに使ってください(本日限り有効)。

明日は読書会があります。
滝口悠生。誰か来て。

《送信フォーム》


戻りました、開けます!今日現代短歌読書会

おはようございます。

お休みありがとうございました。

沖縄に行ってきました。

お会いしたかった方たちと会って、ほんもあいの話をしたり、

去年はじめてやったkuutamoai の一回目でもらった本を読んで以来行ってみたかった、市場の中の「古本屋ウララ」さんに行ってきました。

それと、沖縄在住の手作り作家さんとお会いして、作品を預かってきました。

今日からお店に沖縄の本と、雑貨、並びます。別で写真、紹介します。

本日18時まで。19時から、今日は現代短歌読書会です。参加費500円です。19時から。飛び入り参加もOKです。

課題本は「あそこ」です(持ってなくても参加できます)

今日お越しくださったお客様には沖縄のお土産ちんすこうを差し上げます。先着あるだけ。

では今日からまたよろしくお願いします。

「書く人読む人そして聴く人 5」募集について

10月27日(土)は「書く人読む人そして聴く人」の4回目です。

小説、シナリオ、エッセイ、詩歌など、書きたい人の書いた作品を、応募の読む人たちが朗読する、というのがこの企画です。

そして次回、5回目の募集を今月末10月29日19時から始めます。

募集内容を貼り付けておきますので、じっくりご検討ください。質問などもお気軽にぜひ。

kakuyomukiku vol5

                                               

「書く人読む人そして聴く人 5」

朗読発表 2019年3月2日(土)15時半開演予定 場所 高円寺 kuutamo 

募集内容 「書く人」と「読む人」

書く人 募集する作品は以下です。

A会話劇のシナリオ
お題「とあるカフェでの会話」、「卒業」の2本 募集6名程度 

B「かたる」「かたれる」をテーマにした作品 募集7名程度
8分以内で朗読できる作品であれば、小説に限らず、シナリオ、エッセイ、詩歌(詩・短歌・俳句)なども可。

C「かたる」「かたれる」をテーマにした 絵・写真 
A5サイズの冊子に入る大きさの作品であること。当日は作品及びポストカードなどにして作品を販売することも可。

エントリー方法 10月29日19時~(定員になり次第受付終了) 

info@kuutamo.tokyo まで、「書く人(または読む人) エントリー希望」のタイトルでメールをしてください。

・名前(ペンネームある人はそれも)
・連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)
・「書く人」「読む人」、書く人の場合はさらに、A、B、Cどれにエントリーするのか、BとCの場合はどのような作品を提出予定か

この3点を記載してください。

折り返しで参加要項の詳細を連絡いたします。折り返しにお時間をいただく場合があります、ご了承ください。
お問合せについては、各SNSからのメールでも対応いたしますが、最終的にはメールでのやりとりとなりますのでお申込み時にはアドレスをお書き添えください。

エントリー料1500円(記念冊子代が含まれます)

 

《送信フォーム》