土曜は読書会・日曜は短歌のゲームやります

おはようございます。今日も9時から18時まで。 今週は土曜日に読書会です。9時から。参加費500円で飲み物付き。今月のテーマは「雫井脩介」、私は今3冊目で「検察側の罪人」を読んでいます、土曜までに間に合うかしら。本は持参しなくてもOKです。お待ちしています。 日曜は夜18時に閉店後、「みそひともじ」という短歌のゲームをすることになりました。私も初めてなので内容はさっぱりわかっていませんが、なにやら楽しい会になりそう。参加してみたい方、連絡ください。

今日開いてます!と、文芸フリペとブックカバーのこと

おはようございます。今日月曜ですがお休みなので開けてみます。

誰か来るかな~。と言って開けてみるけど16時までです(宅急便を今日こそ出さねばなりません)9時から16時までです。

昨日お伝えしました「刺繍と詩集」ですが、1日だけはもったいないということになり期間は10/25~11/4までとなりました。11/4の最終日に好きな詩を持ち寄って朗読したりお喋りしたりの茶話会を開きたいと思っています(でもまだ少し先なので改めてお知らせします~)。

作家さんの募集は引き続きいたします。ご連絡ください。

同時に、かねてよりの願望もスタートいたします。いろんな人のフリペを読みたい!(特に詩歌歓迎)

フリーペーパーやZINEで作品を発表している方(これからしたいと思っている方)、当店にも置きませんか?誰かに作品を読んでもらいたい人、何かを書いてみたいけどどこで発信しよう?と思っている人、ご連絡ください。

私もフリペでエッセイを書いていますが、最初作るまでに勇気が要りました。もし何か作りたいけど…でもどこで誰に読んでもらえるのかな…と思う人の背中を押せたらな、と思います。もちろん勇気なんて要らない、ガンガン発表していくよ!という元気な方も歓迎です~。

※過激な内容など、私の基準でお断りする場合もありますので、いきなり送り付けては来ないで、まずご連絡くださるか、ご来店で現物を持参のうえご相談ください。お待ちしています!

 

写真は念願のブックカバー、出来ました!。本をお買い上げで希望の方におかけします、古本、委託本にもおかけします。(すぐ外しちゃうよ、って人は要らないって言ってください、ぽいってされると悲しい)

イラストレーターの花島ゆきさん作です、枚数限定、同じ絵の追加印刷はしません、今あるのがなくなったら次また違うデザインとなります、よかったら1枚づつ集めてください。ちなみに文庫サイズと単行本サイズは紙が違いますのでそれもお楽しみください、わぁい。

 

詩歌と刺繍作ってる方は特に読んでほしい

おはようございます。 今日も9時から18時まで。 今日は急ぎ、お願いがあります。 突然ですが来月10月28日(日)に、高円寺フェスに参加することになりました。 ※フェスは27,28ですが、27は「書く人読む人…」本番のため午後から上野。 参加するとなってから、さて何をやったらフェスぽいのか??と考えてたのですが、悩んだ挙句、私の好きなものを集めてみたい、それがkuutamo ぽいってことだよね!と開き直り、 詩歌作品と刺繍小物の展示販売をすることにしました。「刺繍と詩集」(いいこと思いついたな私!、と思ったんですが、昔甲斐みのりさんがやってた、とさっき聞いた…) 加えて死臭(…おいおい…)ということで、AKARI棚中心に、ハロウィンな感じのちょっと怖い本も販売予定です。 と、タイトル先行、妄想先行で申し込んでから、今から展示販売してくださる方を募る、という乱暴な…。 前置き長くなりました。募集します! 今、これを読んでくださっている、詩、短歌を書いてらっしゃる方で、作品を展示、販売してもよいという方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。プロ、アマ問いません。形態はどのようなものでも構いません。書籍に関してはご本人様直接でなくてもご紹介下されば取次店様からお取引させていただきます。無料のZINEやフリペなども歓迎します。(有料のものについては販売手数料を頂戴します) 刺繍小物を作っていらっしゃる作家の方で、作品を展示販売してもよいという方はぜひご連絡ください。これをご覧になって、初めて何かを作ってみようかという方でも構いません。 どちらも販売については当店の規定があります。まずは一度ご連絡をください。 怖い本を売ってみたい方、 当日ハロウィン仮装でお手伝いしてくださる方も募集します。ご来場のお子様に飴など配りたいです。 こちらもご連絡ください。いろいろ広くお力お待ちしています。 あと、思いつく限りの方に直接ご連絡も差し上げていきますが、ぜひ温かい気持ちでお相手してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

また暑くなってる・・・

一度もまったく見てこなかった甲子園大会。秋田の金足農業の話題を聞いて、ミーハーな私は急に決勝見たくなる、そして始まる前から泣く、仕度が手につかず出かけるのが遅くなる…結局いろいろはかどらなかった…高校球児が眩しすぎるダメな中年の一日でした。

さて。入口も出来たところで、木曜は「現代短歌読書会」です。遊びに来ませんか?19時からです。

そして日曜は17時からお引越し祝いのご飯会です。こちら、個々には招待のお手紙もメールも誰にも送っておりません(すみません)、自分誘われてないけど?という心配?は要りません、お時間ある方はぜひ顔を出してくださるとうれしいです。今日は通りすがりのご近所らしき方にも声をかけておきました。参加費2,000円で飲み放題食べ放題です(差し入れお土産歓迎です)。

9月から朝の読書会もまた始めます。
今回からまたテーマを決めてみることにしました。

9月は22日(土)9時からです。
テーマは 「東直己」です。探偵はバーにいる、の作家さんですね。東氏の本ならなんでもOKです。


ファンの方いらっしゃったらぜひご参加いただきたいです。私は読んだことがないのでこれから読みたいと思います。

《送信フォーム》


 

8月15日に話したかったこと

ぼやぼやしていたら日付が変わってしまいましたが…終戦記念日でした。

子どもの頃は資料館も怖かったし体験談を聞くのもただただ怖くてできれば避けたいことでした。大人になって親になって、特に息子を産んでからは、もしその当時に生きていたら?もし今戦争になったら?そんなことを考えるし子どもたちともよく話をします。何をどう言われようと私は自分の息子は絶対に戦地には行かせたくない。その気持ちひとつです、戦争は絶対に二度としてほしくありません。

息子が小学生のとき、愛知万博にふたりで行きました。赤十字館だったかと思うのですが、建物の中にさらに大きなテントがあって、その中に入って寝転んで天井に流れる映像を見るというものでした。ミスターチルドレンの「タガタメ」という曲がずっと流れてて。その時私はその曲を全く知らなかったけれど、「子どもたちを被害者にも加害者にもしない」という歌詞と世界の戦争や貧困の映像が衝撃的で号泣してしまいました(一緒の息子はさっぱりよくわからなかったようですが…)https://youtu.be/bjhahucrOHM

話はお店に戻って。

高円寺のお店、ゆるりとオープンしたいところまでこぎつけているのですが、なんとまだエアコンがついていないのです…お盆もあったりで業者さん来てくれない…でもさすがに26日にはエアコンもついていると思うので、その日にオープンの乾杯をしたいと思います。

26日は高円寺は阿波踊りの日です。お店のそばの「座・高円寺」でも→ http://www.koenji-awaodori.com/stage/stage01.html

街が相当賑やかだと思われます、それを楽しんだ後にでも、お店に寄って乾杯しようじゃないか、と思われる方、ぜひご参加ください。

会費はひとり2,000円、飲み物は飲み放題です。料理やお菓子など持ち込みお土産大歓迎です。

これまでkuutamoをごひいきくださった方はもちろん、高円寺がお近くの初めましての方もぜひ。お待ちしています。

それとその前に「現代短歌読書会」あります。23日19時~ こちらもぜひ。

《送信フォーム》


 

 

お店番のことと、今朝のこと 明日引っ越し

お店とは関係なく…自宅に冷蔵庫を買ったのですが…今朝、8時前に「もうすぐ着きます」って電話がかかってきて、え~!って飛び起きました(まだ寝てた)。
今、お店にあったアンティークテーブルが玄関に立てかけて置いてあるんです。明日やっとお店に引っ越しなのだけど…1カ月半くらいずっと玄関にあって誰が来てもこのテーブルを避けながら室内に入るというへんなことになってました。でもずっとあると慣れるのか?テーブルのこと忘れて冷蔵庫買って、配送頼んだあとで思い出した。冷蔵庫来る前にこのテーブルをまずいったん外に…運び入れたのは家族なので…え、これどうやって玄関入れたんだろ、ひとりで出せるかな?テーブルが壊れそう、いや、その前に私の腰が大丈夫か…朝から汗だく…(冷蔵庫自体は5分もかからず搬入、そのあとまたテーブルを中に入れて…)私の一日は朝9時に終わった…疲れた。

昨日の、「お店番募集」て書いたのは、お給金は出します(普通にバイトさんの募集です)。

基本週1ですが、時間や曜日などは応相談です。

それとは別で(同じ人でもいいですけど)、10月に数日お休みを取りますので、その日にお店番してくれる人も募集です、単発でブックカフェバイトやりたい人いたらこちらに応募ください。

どちらも、ひとりでやってもらうので、接客経験(業種は問いません)ある人か、経験無くても絶対的社交性に自信のある人ならいいかな。
成人であれば年齢上限はありません、性別も問いません。お問い合わせください。

写真に写ってるグリーン…開店祝いにもらったもの。今自宅に。でもこの暑さでぐったり気味なので…高円寺に持って行くか悩む…たぶん無理…

《送信フォーム》


 

 

 

暑い…しか言えない

昨日はひと雨来て、一瞬涼しくなるのかと思ったらむしろサウナみたいなことになり、電車下りた瞬間、え、岩盤浴?的な暑さ、いや熱さにびっくりしました。

高円寺の店舗にはまだエアコンがついてないのでちょっといるだけで汗だくで、すぐ帰ってきてしまうし、自宅に引き上げてる荷物の引っ越し準備をするのもエアコンの無い部屋に行くのが嫌で現実逃避…全然進みません。

 

さてkuutamoでは、週に1日、お店番をしてくれる人を募集します。

興味ある方はメールまたは、下記問い合わせフォームから連絡をください。詳細は個別で対応いたします。

写真は23日(木)19時~の「現代短歌読書会」の課題本です。

文庫化されてます!お手軽に取っていただけます(でも持ってなくても参加可です!)

短歌にちらっと興味のある方、がっつり興味のある方、興味ないけど暇な方(!?)、一緒にお喋りしませんか。

参加費500円です。

《送信フォーム》


 

kuutamoai 2期目 募集します

新店舗が決まったところで。

kuutamoai の2期メンバーを募集します。

kuutamoai とは…

沖縄で行われている「ほんもあい」という、本をプレゼントしあう寄合を、kuutamoでもやろう、と始まったものです。

毎月ひとりの人(親)に、他のメンバー(子)から本をプレゼントします。
一巡するまでメンバーは固定なので、最初は初対面のメンバーもだんだんと仲良くなっていきます。

毎月の親は、どんな本が欲しいかをリクエストすることができるのですが、そのリクエストにこたえつつ、できればまだ読んでない本あげたいなあとか、他の人とかぶらないといいなあ、とあれこれ考えるとあっという間に一カ月は経ってしまいます。それがまた悩ましくて楽しいです。

興味あるかたはぜひ、お問合せください。

毎月集まる日は、参加者間の中で調整します、場所は高円寺のkuutamo になります。

《送信フォーム》


 

 

 

お礼です募集です

先日28日(土) 台風の中、無事「書く人読む人そして聴く人」の3回目を終了しました。

私は準備をするのは好きなのですが、挨拶をしたりがとても苦手で・・・いつもその場でうまいこと喋れませんが、気持ちは大感激、大感謝、うるうるしながら一日過ごしました。企画にご参加くださった皆さまありがとうございました。

お昼は、素麺を食べて、だらだら・・・(田舎のおばあちゃんち状態)

ゆるっと集まり出してからは皆さん交流

 

初めての試み、群読。すごい練習しました

忘れないうちに記念撮影

終わったあとは打ち上げで乾杯

お疲れ様でした

次は10月27日(土) 開催です、何か書いてみようかな、読んでみようかな、という方、ぜひご一緒に!募集締め切りは8月10日です。

リレーシナリオは、今回から設定を考えるところなどアドバイスもありで書きやすくなっています。書いたことない人でも書けますよ~。

 

「書く人読む人そして聴く人」3と4のお誘い

台風が来ているそうで、明日の「書く人読む人そして聴く人」のイベントが大変心配ではありますが、おかげさまで参加者も増えてきて賑やかになりそうなので、無事開催できることを願っています。

お天気悪いのでお誘いしづらいですが、明日は前回と違って、畳なので、人数制限ありません。当日参加OKです。メールください。

逆に、お天気悪いからプールや花火より、朗読?という気分になったらぜひ、デートの先を鷺ノ宮に変更してください。あ、隅田川の花火大会は延期だそうですもの、来れますね!おまちしています!

参加費1500円 15時からです 

場所はこちら → http://www.wakamiyaso.com/pg119.html 

もし来れないけど「書く人」の作品が読んでみたい、冊子だけ欲しいなという方、は郵送いたしますので、ご連絡ください。1冊500円です。

 


そして29日~ 4回目の「書く人」と「読む人」を募集します。特に書く人は、編集作業の都合で原稿の締め切りがあるため、定員にならなくても募集を締め切らなくてはなりません。それは私が悲しい。ので、ちょっとでも書こうかな?でも勇気が要るな・・・という人はとりあえず私に連絡をください、背中を押してあげます。ひとつ言えるのは、8割の完成度でも、残り2割は読む人の魅力で必ず補われるという楽しさがこの企画にはあります!
とりあえず、どなたさまも興味を持っていただき、kakuyomukiku vol4 をご覧ください。