募集。kuutamoai (本もあい)始めます、11月から

まだ9月ですが、そして写真は全然関係ないです(美楽市用のシロップ、キウイと梨です)。

1年前、2年目に入る記念にAKARIと名前をつけた古本の貸し棚を設置して、念願の古本の販売を始めました。

来月でAKARIの棚も1年。3年目はもっと本好きさんと繋がりたい!と思い、3年目スタートの記念として「本もあい」を始めます。

本もあいとは? 

「本・もあい」 もあいとは、沖縄県や鹿児島県奄美群島において、個人や法人がグループを組織して一定額の金銭を払い込み、定期的に1人ずつ順番に金銭の給付を受け取る、本土における頼母子講・無尽講に相当する相互扶助システムのことです(ウィキ参照しました)

それを、お金じゃなくて、本でやろう、っていうのが「本もあい」。本を積み立てるわけじゃなくて、毎月順番に、ひとり(親、と呼ばれる)の人に、残りのメンバーから本を贈る集まりです。 沖縄では浸透しているらしくて、本もあいという、冊子もあるそうです。素晴らしい。

kuutamoでやる本もあい…クータモアイ!…クータモ愛♡ いい着地しました(自己満足)

Kuutamoai はどうやるの?

毎月1度(予定としては金曜の夜)、kuutamo に集合。

日にちは、候補日から多数決で決めたいと思います、第1回目は11月の10日か17日の金曜19時からを予定しています。

その月の親に贈る本を持ってくる。

本は新品でも古本でもOKですが、古本の場合も新品に近い美品であることが原則です。

※本の金額の上限や、希望をどの程度聞くか、などは、おって考えます。

その日に参加できない人については、事前に本をお店に預けるか、翌月持ってくることとする。

持ってきた本を選んだ理由や内容など、簡単なメモがついてると嬉しい。
その場でも簡単に紹介する(読んでない本をあげる場合は、読んでません、読んだら逆に感想聞かせてね、でもいいです)

その月の親が本をもらって終了

毎月本を選ぶのが楽しめて、お店にもなるべく来れて、途中で飽きない人募集 

募集締め切り 10月10日

申込は「kuutamoai 参加申し込み」のタイトルで、info@kuutamo.tokyo までメールしてください。

ひとグループ最大10人までと考えています。

もし、人数が集まりそうな場合は、グループをふたつにわけることも検討します(順番がまわってくるのが1年後、だと待ちくたびれると思うので理想は5人くらいかしら?)

途中からの参加は無し。

脱退も基本的には無し(転居など特別な事情がある場合は考慮します)

その他                              

会費や毎月の参加費はありません。Kuutamoで必ずワンオーダー以上のご注文をください

(会終了後あるいは早目のご来店の場合は別途ご注文をお願いします)

沖縄で本もあいをされているカフェのサイト http://bookish.ti-da.net/

本もあいのFacebookページ https://www.facebook.com/honmoai/

その他、本もあいで検索をすると、いろいろなグループでの活動がご覧になれます。ご確認ください。

もしかしたら、多分、本土初?!かも?!だそうで、沖縄の人たちも注目しています(たぶん!)
本州初の、もあいメンバーにあなたもなってみませんか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)